金融機関におけるキャッシング審査の共通項

キャッシングを利用されようとする方が共通して悩まれるのは、審査についてではないでしょうか。

審査する内容は、銀行・消費者金融会社などの金融機関では共通しています。どの金融機関においても見られるのは、年齢・収入・職業・雇用形態・居住形態・家族構成などのパーソナルな情報です。金融の世界ではこれらの情報のことを属性と呼びます。

おおむねこの属性を基準に審査が通るか通らないかが決まります。また、たとえ故意でなくても、虚偽の情報を記載・入力してしまうと、信用がなくなり今後の審査にも大きな悪影響を与えてしまうようです。

これら属性とともに重視されるのが、過去のキャッシング歴やローン状況などです。複数の金融機関から借りた歴があったり、返済を延滞した歴などがあるとたとえ職業が安定していて高収入であっても審査が通らない要因となります。属性とローン歴などの情報はまとめて信用情報と呼ばれます。

一概には言えませんが、審査の判定は金利が低い銀行の方が厳しく、比較的金利の高い消費者金融の方が緩いと言えます。