同じ金利でも返済方法で総返済額が大きく異なることも!

キャッシング契約を行う際、少しでも金利の低いものを選ぶ筈です。また、検討したキャッシングが同じ金利であった場合、毎月の返済負担が少ないものと選んでしまうことがあります。一見すると返済負担が少なく、余裕を持った返済計画ができると思いますが、実際には返済方法で多きな差が生じてしまいます。

じ金利であったとしても、リボルビング方式と定額返済では、リボルビング方式の方が発生する利息が高くなりがちです。毎月1万円や2万円といった返済額が固定されている場合、リボルビング方式に比べると次回返済分の利息はその残高に応じて変化します。キャッシングの多くは、1日あたりの利息計算が多く利用されております。そのため、金利が同じだから安心とは考えず、次回の返済までには利息が減少し易いものを選ぶのが重要です。