申し込みブラックを防ぐためには?

キャッシング契約をする際、銀行や消費者金融に関わらず、申し込みブラックに注意する必要があります。短期間すなわち6ヶ月以内に複数社の審査申し込みを行うことで、個人信用情報機関に残る照会記録で審査落ちしてしまいます。特にキャッシング契約を急いでいる場合、審査落ちしてしまうと次の審査が通過出来るのは、6ヶ月後となってしまい、必要な現金を調達出来なくなってしまいます。

しかし、銀行カードローンやフリーローンの場合、『申し込みの流れ』をしっかりと理解することで申し込みブラックになることを回避出来ます。それは、『仮審査』と『本審査』に分かれているのを確認することです。

仮審査の場合、申し込み情報からスコアリング審査を行い、融資可否を判断します。その際、個人信用情報の照会は行われず、照会履歴が残らないことになります。スピード審査を掲げる銀行カードローンの場合、申し込み後、直ぐの本審査となるものもあるため、商品概要や説明、そして同意事項に関する書類を必ず確認することが重要になります。

個人信用情報に照会履歴が残っていなければ、別のローン商材を申し込むことも可能です。また、どうしても心配な方は、個人信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。今では、スマートフォンから手軽に開示請求を行うことができ、照会履歴を速やかに確認することが可能です。