入院して返済が出来ない!返済猶予を受けられるが遅延損害金が!

突然の体調不良や怪我により、入院になる可能性は生活を送る上で少なからずあります。このような状況において、キャッシング契約していると返済が出来ないという問題があります。ですが、事前に入院について連絡することで返済を猶予してもらうことも可能になっていますが、返済遅延という扱いになり遅延損害金を支払うことになってしまいます。

やむを得ない理由にも関わらず返済の負担が増えてしまうため、キャッシング契約をする際はこのリスクを事前に排除することが重要です。大きな病院でATMコンビニがあるところであれば問題はないものの、ATMが近くにない場合は銀行口座振替を利用出来るキャッシングを検討するのがおすすめです。

口座振替であれば、毎月の返済は最低の金額となり、遅延損害金の発生も防げます。また、最近はインターネットバンキングも普及しているため、口座管理も行い易い環境が整っているため、入院に備えてネット銀行の口座を開設しておくのもポイントです。