銀行カードローンの規制強化について

報道などによると、2017年も自己破産件数は前年比増加になったようです。これで2年連続の増加となっており、2017年にも自己破産件数の増加の主因として社会問題になった銀行カードローンの過剰融資問題が改善されていないという証拠にもなっており、2018年には再び問題の再燃となることはほぼ間違いないでしょう。

2017年には全国銀行協会が中心となって、自主規制をしたのですが、自主規制では対策が足りないということです。次の施策としてはやはり金融庁が中心となって、銀行カードローンにも消費者金融と同じような総量規制の導入が現実になる可能性がかなり高くなったと言っていいでしょう。銀行カードローンの融資は厳しくなっていくことがほぼ確実です。